国立国会図書館


すっかり闇夜は、鈴虫の音に包まれている。
人の声ひとつしない、夏の終わり。
今年の夏は、江の島に行きたい――
自粛生活、リモートワークという言葉が並んできたここ数年の
日本の夏を振り返り、今年こそはと、そう願ってはいたのだけれど。
結局それは叶わなかった・・・

叶ったことと言えば、ここ一年ほど、気にかかって探していた数冊の
本が、永田町の国立国会図書館にあって、そこをたずね、その本を
手にしたこと。

閉架式の図書館は、終始システマチックで、本の閲覧も複写もまずは
館内のPC端末から申し込みをしてからでないと進まない。
そのそっけなさはあっけにとられるものの、皆それぞれに目的が
あって来るためか、館内は静寂に包まれ、いざ困ったというときには、
職員の方々が穏やかな物腰で親切に教えてくれる。
その居心地の良さといったら。
また館内は飲食禁止だけれど、六階にコンビニエンス・ストアと飲食が
できるフリースペースがあって、読書の合間に一息。
そのスペースから見た景色は、都心でありながら視界を遮るビルも無く、
とても開放的で、コンビニのドリンクの品揃えも心なしか通常とは異なり、
何か得した気分にもなる。

結局、一週間も置かず、二度も足を運んでしまった。

学生だった頃を、ふと思い出す。
宿題や休み明けに控えたテスト勉強、旅行にでも出かけないと描けない
ような絵日記、もののひと月で答えを出さなければならない自由研究も、
きつい思いをしていた記憶がある。

それに比べれば、まるで終わらぬ仕事の波に漂いながらも、本当に自分に
とって必要な学びを求めて、こころおきなく過ごせた夏だった。

空の向こう

変わるものと変わらないもの

関連記事

  1. 11年

    2022.03.11
  2. 春なのに…

    2019.03.15
  3. 書の鑑賞

    2016.07.05
  4. 原点回帰

    2015.04.22
  5. 小さな発見

    2022.04.20
  6. 現代箏曲の世界

    2020.10.11
PAGE TOP