ひとときの癒し

書作は、エアコンをつけながら行うと、微妙に風合いに影響が出てしまうので、あまりつけないことにしている。

冬は震えるような寒さの中でうまく手先が動かないこともあって、どうしても負荷がかかる状態で書くこととなる。書いている時は集中しているのでほとんど気にならないが、筆をおいた途端に軽い痛みが走る。そのような場合、お湯で手を温めたりしながら書くようにしているが、温める回数が増えれば増えるほど、今度は手が乾燥しやすくなってしまう。

日頃、酷使している手は、自分で見てもかわいそう・・・。

そんな折、アメリカから一時帰国したた生徒よりハンドクリームを頂いた。書作中は、半紙に油分が付着してしまったり、筆を持つのに滑りやすく、軸がしっかりしないのも困るので使用を控えているが、書き終わった後は、手をしっとりと潤わせたい。

書家の手

    回帰

    うつればかはる世の中を

    関連記事

    1. 天地雷動

      2014.04.19
    2. 気配

      2019.07.28
    3. 読売書法展開幕!

      2014.08.27
    4. 切り抜き文化

      2018.12.04
    5. 熊野“筆”巡礼 久保田号

      2016.09.09
    6. 春にして思うこと

      2018.03.31
    PAGE TOP