厳かなるもの

今日は朝から雨が降り続き、遠くでは雷の音が轟いている。

古代、「政」は神聖なものであり、民衆の暮しのために、雨が降るようにと祈祷することも大切な儀式だった。

このところ、政の裏側がだいぶ世間に晒されている。

恵みの雨は、平等に、天から降ってくるものということが、今の時代はなかなか実感として持ちにくい。


☛ >>WORKS topics

gategallery

☛ >>CONTENTS topics

    墨 連載スタート!

    未知との遭遇

    関連記事

    1. 嬉しさのお裾分け

      2017.04.28
    2. 書作のアイテム その2

      2014.05.09
    3. 曖昧な日々

      2020.04.28
    4. 千載具眼の徒を竢つ

      2016.04.26
    5. 横画から“ひとやね”の時代へ

      2019.05.05
    6. 示現

      2019.11.27
    PAGE TOP