厳かなるもの

今日は朝から雨が降り続き、遠くでは雷の音が轟いている。

古代、「政」は神聖なものであり、民衆の暮しのために、雨が降るようにと祈祷することも大切な儀式だった。

このところ、政の裏側がだいぶ世間に晒されている。

恵みの雨は、平等に、天から降ってくるものということが、今の時代はなかなか実感として持ちにくい。


☛ >>WORKS topics

gategallery

☛ >>CONTENTS topics

墨 連載スタート!

未知との遭遇

関連記事

  1. 越冬便り

    2012.12.14
  2. ひとときの夢

    2016.08.22
  3. 柳緑花紅

    2017.01.19
  4. 嗚呼、昔も今も

    2017.02.24
  5. 働き方の価値観

    2018.04.07
  6. “尽くして開く芸の道”

    2010.05.17
PAGE TOP