未来は今

4月期の新設講座を無事に開講できて、少しホッとしているところ。

桜の開花に心を躍らせた3月を経て、すっかり4月。先週末から各地で入学式、入園式がはじまっている。

それにしても。
再開発のために多くの木々が伐採されるという。
伐採数は千本どころか三千本という話も出ていて、100年かけて育てた木が一瞬にして伐採されることは、本当に残念なこと。

これから学びに励む子供たちが、じっくりと根を張って育ち、長く活躍できる、そんな世の中に出来るかどうかは、今の大人たちの価値観と生き方次第。
文化や環境は未来の世代とも共有していることを、私たち大人は忘れてはいけない。

手毬やおはじきをして、子供らと遊んだと伝わる良寛の生き方をしみじみと思う。

書の魅力~4月の新規講座に向けて

有難きもの

関連記事

  1. プレイバック

    2015.10.23
  2. sanilavo

    2014.08.19
  3. スマートでなくても、シンプルなもの

    2021.04.27
  4. 紆余曲折の春

    2016.05.01
  5. 謹賀新年 2014

    2014.01.03
  6. 日々の隙間

    2022.11.17
PAGE TOP