清明

満開の桜が、風にはらはらと舞ったかと思えば、ぽつぽつと降る雨にその姿を艶めかしくしっとりとさせる。各地では入学式と統一地方選挙。このような時期は“何かしらの変化”を求めるのが、人の常。

私自身のことで言えば、日々、書家としていろいろなお仕事を頂き、時間的、精神的、体力的に追い込まれている状況が続いてはいるが、そんな時だからこそ、道元の歌を反芻したい。

「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて すずしかりけり」

Holiday Magazine N°375 掲出ページより抜粋

    輪になる春 和になる春

    原点回帰

    関連記事

    1. 最適化と主義

      2019.07.17
    2. 嗚呼、昔も今も

      2017.02.24
    3. 春なのに…

      2019.03.15
    4. 書家の筆休め

      2019.04.24
    5. 熊野“筆”巡礼 久保田号

      2016.09.09
    6. 紆余曲折の春

      2016.05.01
    PAGE TOP