日常のデトックス

このところ夏のような暑い日が続き、心身共に少しくったりとしているが、それは暑さばかりのせいではないと思う。自身の心持ちとは別なところで繰り返されている日常に、自分が探し求めている答えを、なかなか見い出せずにいるからなのかもしれない。

そんな折、大学の後輩が務めているご縁で、川崎大師での写経会に、私の書道講座の生徒とともに参加させて頂いた。

以下、川崎大師さんのHPからの引用 http://www.kawasakidaishi.com/

::::::::::::::::::::::::::::

写経とは、仏さまの心・教えである「お経」を書き「写す」ことです。 写経をするということは、“ほとけ”を“うつす”修行に外なりません。 また、「写す」は「移す」ことに通じ、仏さまの心や教えを、私たちの身と心に転移する願いの実践でもあります。

::::::::::::::::::::::::::::

確かに書作という行為は、気持ちの淀みを無くし、清涼なゆらぎを与えてくれる。それは今風に言えば、心のデトックス。

日常のデトックス

京都 黄檗山

    消えゆく愉しみ

    Life goes on

    関連記事

    1. 白亜の城

      2015.03.22
    2. 遺言

      2014.12.30
    3. いつか、人は自由になれるのか

      2019.02.11
    4. バレンタインデーの音楽と本

      2020.02.13
    5. 現代箏曲の世界

      2020.10.11
    6. 熊野“筆”巡礼 番外編

      2016.09.22
    PAGE TOP