INTERVIEW

書家として、はじめてインスタレーション作品を手掛けた「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」も早いもので残すところ10日となった。

この作品については自分なりの思いや考え方もあったが、先入観を持たずにご覧頂きたいということがあり、ここではあえて触れてこなかった。ただ既にご覧になられている方からいろいろな感想や質問も少なからず頂き、再度観に行ってみたいとおっしゃってくださる方もいて、作品についてインタビューされている記事を紹介したい。

掲載写真も多く、比較的ヴォリュームがあり、私と書道との関わりについても少し踏み込んでお話させて頂いている。

※ご興味のある方は、以下のリンクからご一読ください。
GAP MAGAZINE

    瞬間の判断

    理屈では分からないこと

    関連記事

    1. 硯の講演会とシンポジウム

      2013.11.29
    2. 書道を志すなら、睡蓮のように

      2010.08.25
    3. 熊野“筆”巡礼 久保田号

      2016.09.09
    4. 輝きのまま

      2017.03.25
    5. 読売新聞 家庭版

      2014.09.03
    6. 占卜と祈り

      2011.09.08
    PAGE TOP