Silent Night

普段はスキンケアくらいで殆ど化粧気が無く、それを心配した母親がまとめて化粧品を買ってきて渡してくれる。
そんな私もこのシーズンはいくつかの忘年会にお誘い頂き、少しだけ化粧をして外出。

それにしても、クリスマスから年末にかけての雰囲気は、一昔前に比べて随分変わった気がする。
どのように変わったのか、上手く言葉にすることは出来ないけれど、街の中で高揚感が無くなったように思う。
眩いばかりの絵に描いたような幸せが、みんなで共有出来なくなってしまったのか。

昨日、アメリカに在住の生徒から、クリスマスカードが届いた。
そこには〈ワシントンDC 「世界」の物事が決まるこの場所で、光と闇が印象的です〉と書かれていた。

今はそんな時代なのかもしれない。

    飛花落葉

    書き初め

    関連記事

    1. 茶道雑誌 連載スタート!

      2020.10.01
    2. ライティング、ときどき書作

      2018.11.09
    3. あるお寺の書

      2014.04.15
    4. 無垢

      2013.01.11
    5. 連島境界刻石

      2015.11.24
    6. ひとときの癒し

      2015.01.24
    PAGE TOP