問いかけ

鈴虫が鳴き始めると、ついこの間までの蝉の大合唱が跡形もなく消えてゆく・・・。辺りはすっかり静まり返って 秋を装い 、自然の営みを感じずにはいられない。

「エコロジー」という言葉が使われるようになって久しいけれど、いつまでたっても私たちは人間目線で物事を見てしまう。そして既存のフレームワークを踏襲しようとしているに過ぎない。
そんなことを映像作家の山本信一さんと話しながら、作品制作は進められた。
普段は一人で完結してしまうことが、今回はそうでないというだけでも、私にとっては、新しい試み。
本来、コミュニケーションの集積によって、“概念”というものを生み出せるのも、人間特有の能力ではないだろうか。

作品は9月28日から新宿にて公開される。現実に見えている世界が本当の世界だろうか、そんなことを自分で確かめてみたい。

優しい風の中で

断片

関連記事

  1. ジェラートとヴィスコンティ

    2017.08.04
  2. アウトサイドに生きる

    2014.01.08
  3. ミラノ万博 公開揮毫

    2015.07.24
  4. 視界

    2020.02.07
  5. 別れと出逢いの季節に

    2016.04.03
  6. INTERVIEW

    2016.11.11
PAGE TOP