過ぎし日のキオク

秋の夜長と言うにはまだ少し早い。ただ、外では鈴虫が鳴き、もうエアコンを使う必要もないくらいに過ごしやすい。近頃は、本を読んでしまうからなかなか寝付けないのか、それとも寝付けないから読んでしまうのか、どちらか分からない。朝日がさす時分にやっと眠りに落ちる……。

この夏は、ずっと家にこもって、書家らしく、朝に、昼に、夜にと、作品制作にいそしんだ。コロナ禍の記憶とともに、私にとっては忘れられない作品になるのかもしれない。

秋めいて

GoToイート、まもなく

関連記事

  1. 2017.05.26
  2. 越冬便り

    2012.12.14
  3. 不老

    2016.07.18
  4. 書家の課外活動 2016.10

    2016.10.28
  5. 理屈では分からないこと

    2016.11.15
  6. 古式ゆかしき

    2019.12.30
PAGE TOP