切り抜き文化

前回の記事で、失われゆく手紙文化について書いたところ、知り合いの編集者の方が、まったく由々しきことだと同感してくれた。

私は最近気になっていたことが他にもあったので、それについてその人に尋ねてみた。

それはインターネットは言うに及ばず、雑誌でも今、掲載写真がほぼ全部と言っていいくらい「角版」使いをしているということ。
「角版」というのは、写真を四角形のまま、被写体を切り抜いたりしないで使うこと。

この状況について、当事者の立場から次のようなことを教えてくれた。

一番は切り抜きがデザイナーの手間と時間、つまり経費がかかってしまうこと。それと今のトレンドとして、スタティックなものが好まれる傾向があるということだった。

そうなんだろうなとは薄々思っていた・・・

ただ、整然としたもの、無機質なものばかりに囲まれてしまうことは、合理的ではあるけれど、果たして良いことなのだろうか。

切り抜きによるコラージュは、この世界の“多様性”を表現出来る手法のような気がする。
ハートマークも四角形の枠に閉じ込められていたら、きっと思いも届かない。

届ける文化

手と手をつないで

関連記事

  1. 書の小宇宙

    2015.10.02
  2. 未来日記 題字揮毫

    2021.12.24
  3. 去りゆく夏

    2015.09.04
  4. あるお寺の書

    2014.04.15
  5. 気韻生動

    2015.08.25
  6. 流されゆく日々

    2016.08.29
PAGE TOP